おりものやデリケート損の臭いを解消~正しいケアで悩み解決~

女性

婦人科を受診しましょう

女性

小陰唇は女性の尿道や膣付近にあり、女性器を外部から守るための蓋的な役割をしています。大陰唇の内側部分にあり、粘膜性があるのが特徴です。この小陰唇は年齢を重ねていくとともに、大きくなり、人によっては小陰唇の色が変化したり、大陰唇よりも大きくなってしまったりすることがあります。そのような状態を小陰唇肥大とよびます。小陰唇肥大は、大阪の産婦人科や整形外科などで小陰唇縮小手術を行なうことで、小陰唇を物理的に縮小させることが出来るのです。

小陰唇肥大の基準としては、小陰唇が大陰唇からはみ出ている状態、小陰唇のシワが多い状態、左右の形状の違いなどで判断することが出来ます。また、直接的に痛みや痒み、女性器に異変を感じた場合は、ひとまず大阪の産婦人科や婦人科を受診して検査を行なうといいでしょう。小陰唇肥大の診断されたのであれば、早いうちに縮小手術を受けて改善しましょう。いきなり大阪の病院に行くことに抵抗がある場合は、自分で行なえる簡単なチェック方法があります。まず両方の小陰唇を重ねます。そして、そのまま軽くつまみながら引っ張ります。引っ張ったら指を離します。左右の小陰唇がくっついたままの状態が続くのであれば、小陰唇肥大の疑いがあります。放置しておくと、小陰唇が黒ずんだり、痛みが悪化したり、おりものがお多くなってしまう原因にもなりますので、早いうちに大阪の病院で小陰唇の縮小治療を開始しましょう。評判の高い病院を選ぶことで安心して治療を受けることが出来ます。