おりものやデリケート損の臭いを解消~正しいケアで悩み解決~

女性

さまざまな治療方法

先生

女性の身体は出産前と後では、身体に変化が起こるケースは多いです。出産後に食の好みが変わったり、体型、膣のゆるみなど、あらゆる点において状態が変わったりするのです。特に膣のゆるみに関して言えば、出産後だけではなく、年齢や体重の増減でも起こりえるのです。膣のゆるみは骨盤の筋肉が関係しています。骨盤部分には骨盤底筋と呼ばれる筋肉があり、子宮や膀胱といった臓器を支える役割があります。この骨盤底筋の筋力が下がってしまうことで、膣の筋力も低下し、結果的に膣のゆるみへとつながっていきます。膣や骨盤底筋の衰えは運動不足によって引き起こされる場合も多く、膣のゆるみをそのままにしてしまうと、子宮脱という子宮が体外に出てきてしまう状態になってしまうことも考えられるので注意が必要です。膣の緩みを改善するには、膣や骨盤底筋の筋力トレーニングや、膣の壁を厚くする方法や、膣の大きさを狭くすると言った、外科的な膣縮小手術を受ける方法があります。

膣を縮小させる手術としては、いくつかの方法があります。まず膣縮小手術は、膣内の粘膜、筋肉を取り除くことで膣の筋力を高める切開手術です。膣内への外部的な水の進入が起こりやすい人に効果的な手術方法です。また、ビビーブと呼ばれる治療法では、高周波を利用して治療を行ないます。高周波を処女膜や膣の奥部分に照射することでコラーゲンの分泌量を増加させ、膣の縮小を行なうのです。ビビーブは1年ほど効果が持続します。他にもレーザー治療や注射治療、など様々な方法で膣の縮小治療をおこなっていくことが出来ます。担当の医師と相談して、自分に適した治療法で膣縮小を行ないましょう。