おりものやデリケート損の臭いを解消~正しいケアで悩み解決~

女性

さまざまな治療方法

先生

膣の緩みは、出産や加齢、体型の変化、運動不足などが原因で引き起こされます。膣の緩みは女性であれば誰にでも起こり得る可能性のある症状です。膣の緩みは、外科的治療で膣を縮小させることにより改善できます。

臭いの原因を根本的に解消

洗浄を行っておくことで克服が出来ます。おりものの臭いが気になりませんか。沢山のケア方法について紹介されています。

先生

女性はデリケートゾーンの臭いの悩みを抱えている人は少なく無いです。デリケートゾーンの臭いの原因には、女性特有のおりものの臭いが関係しています。おりものには、卵胞ホルモンと密接な関係があります。この卵胞ホルモンは生理の前後や排卵を行なう際に分泌量が増加します。女性の膣内には、乳酸桿菌の1種であるデーデルライン桿菌が存在しています。このデーデルライン桿菌は膣で菌が増えることを抑制する働きを持っているのです。このデーデルライン桿菌は下着やショーツに付着して乾くと臭いを発することがありますし、生理の前はその臭いが強くなるのです。

おりものの臭いというのは、おりもの自体が原因ではなく、陰部の汚れが起因しているのです。陰部の臭いは汗や脂が大きく関係しています。これらには菌の栄養となるタンパク質やその他の栄養素が豊富に含まれています。汗や脂を放置してしまうと菌が繁殖してしまうのです。おりものはこういった菌が膣内に侵入するのを防いだり、菌の繁殖をよくせいしたりするために発生します。そのため、体内から分泌されたばかりのおりもの自体には臭いがあまりないのです。つまり、陰部の汚れを解消し、清潔に保つことで、菌の繁殖を抑え、結果的におりものの量も減らし臭いを軽減させることが出来るのです。また、ストレスによってホルモンバランスが崩れると、菌の繁殖を抑えるデーデルライン桿菌などの量が減少してしまいます。ストレスや疲れを解消するためにもしっかりと休息を取り、心身のケアを行なうことも大切なのです。

婦人科を受診しましょう

女性

小陰唇は年齢とともに成長し、人によっては大陰唇よりも大きくなってしまうことがあります。そういった状態を小陰唇肥大と呼びます。症状は大阪の病院で縮小治療を受けることで改善できます。

デリケートゾーンのケア

女性

デリケートゾーンの臭いで悩んでいる女性は多いです。デリケートゾーンの臭いの原因は菌の繁殖です。菌の繁殖を抑えるためにはいくつかの方法を実践する必要があります。菌の繁殖を抑制し、臭いの改善をしましょう。